ライフスタイル
2019.1.7

現役中か老後に移住か? シンガポール富裕層のリッチライフ紹介

(写真=martinho Smart/Shutterstock.com)
(写真=martinho Smart/Shutterstock.com)
「世界で富裕層が多く住む都市」といえば、どこを思い浮かべるでしょうか。資産3,000万ドル以上クラスの人口では、今までトップを保ってきたニューヨークが2017年にその座を明け渡しました。首位に躍り出たのは「香港」です。スーパーリッチに占めるアジアのプレゼンスは大きく高まり、この10年間で18%から25%に増えています。

アジア系映画「クレイジー・リッチ」がハリウッドで大ヒット

そんなトレンドの風を受けてか、シンガポールの超富裕層たちが織りなすリッチライフを取り上げた映画「クレイジー・リッチ!」がアメリカの興行収入3週連続トップ、累計1.5億ドルを記録しました。(2018年8月)最近ヒット作の少ない映画界では、久々の朗報です。もともとハリウッドでアジア系の映画はヒスパニック系やアフリカ系アメリカ人よりも少なく、配給元のワーナー・ブラザースでも「マイナー・ヒットすれば合格」と踏んでいただけに、まさにうれしい誤算でした。

ちなみに、予算は3,000万ドル、同じワーナーの大作「MEG ザ・モンスター」の4分の1に過ぎません。映画の原作は2013年出版の「クレイジー・リッチ・アジアンズ」、シンガポール出身のケビン・クワンが自らの体験をベースにアジアンリッチの実情を描いた作品は、多くのアジア人の共感を呼びました。そして、本作品のファンは皆、映画化を心待ちにしていたのです。

日本より裕福な国シンガポール

「アジアで1番裕福なのは日本」というのは昔の話、1人当たりGDP(国内総生産)は日本が3万8,449ドル(25位)なのに対し、シンガポールは5万7,713ドル(9位)と、日本人の1.5倍稼いでいるのです。シンガポール人は、稼いだお金をしっかりため込んでいます。1人当たり資産の国別順位でシンガポールは世界9位、アジアでは1位にランキングされています。

大金持ちばかりではなく新興富裕層のニューリッチや中間層も、シンガポール経済成長の恩恵にあずかっています。では、そんなシンガポールに映画に描かれているような大富豪のリッチライフ、壁画も飾られたチューダー式建築の洋館(主人公レイチェルの恋人ニックの実家)、タンカーの甲板で催されるバチェラーパーティーにヘリで舞い降りるVIPたちは実在するのでしょうか。

どうやら現実の世界は、それよりも幾分派手なようです。
・ゴッホなどの名画が並ぶ邸宅
・トリュフをふんだんに使った20万シンガポールドル(約1,600万円)の料理
・世界のカジノをプライベートジェットではしごツアー
・ラスベガスの買い物ツアーで2億円散財

こういったエピソードはもう珍しくありません。アジア人をバカにしていた世界各地のラグジュアリーホテルも、今では中国語を話すスタッフを置くのが常識です。シンガポールに限らず、かつてアジア系の富豪たちは、日本占領や共産勢力の目を避ける必要もあったことから、極力目立つことを嫌ってきたのです。そんな伝統も、最近のクレイジー・リッチたちは変えつつあるようです。

シンガポールに移住する日本人たち

日本からの移住や資産移転に関しては、今まで5年間海外で暮らしていれば、相続税が免除されたのが10年に延びたり、資産移転に伴う含み益に課税されるようになりました。最近は、海外を活用した節税策への規制も厳しくなり、節税を目的とした海外移住の魅力は薄れつつあります。一方で国内を飛び出し、シンガポールに移住するIT起業家やビジネスパーソンが徐々に増えています。

2017年、「パズドラ」で有名なガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>の創業者がシンガポールに移住しました。創業者の名は孫泰蔵氏、ソフトバンク総帥孫正義氏の実弟です。ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、サンドボックスを活用した教育システムを開発してきました。その中で、孫氏は国内の規制や監督官庁のイノベーションに対する理解の乏しさに強い不満を感じ、最終的に移住を決断したようです。

孫氏いわく、「自身の子どものことを考えると、企業戦士を育てるような日本の教育制度は最悪だ」とか。シンガポールの国土は23区内並みの狭さ、娯楽の乏しさ、生活費も日本の倍以上と一般人がリタイア生活を送る場所としてはあまり魅力的でなさそうです。その一方で、グローバル企業のアジア地域本社も集まるシンガポールは、ビジネスのハブとして魅力が高く、これからも野心にあふれる日本人を引き付けることでしょう。

>>【無料小冊子】親が元気なうちに知っておきたい相続対策
 

>>【参考記事】老後までにいくら貯める?最低限の目標は◯◯◯万円

【オススメ記事】
富裕層が「見た目を磨く」のはなぜか?
富裕層の美容と健康 人気のサービスとは?
富裕層が子どもを「海外留学」させる2つの理由
富裕層が「歯のメンテナンス」に時間とコストをかける理由とは?
世界の富裕層を魅了するリゾート地5選

NEXT 渋谷から新しい魅力発信 高級住宅地
PREV 出世するビジネスパーソン特有の地頭とその鍛え方

関連記事